カテゴリー
France ストラスブール

Strasbourg

今日は私の住んでいる町、Strasbourgのお話。

フランスに住んでいると言うと98%の確率でパリ???

と聞かれます。ストラスブール?初めて聞いた!

どこそれ?ドイツじゃないの???などなど。

私も知りませんでした。ストラスブール?何処それ〜?という感じ。

初めて来た時は、確かに可愛い町だけど…シャネルもない!ディオールもない!!クリスチャンルブタンもない!!!本当にフランス?と思っていました…笑

エルメスとルイヴィトンはちゃ〜んとありますよ!

パリからTGV(新幹線)で1時間50分。

フランスのアルザス地方に当たります。シャンパーニュ地方を通り、シャンパンの産地はこの辺かぁ〜と物思いにふけりながら、電車の窓からひたすら続く広大な土地を眺めていると、あっと言う間にストラスブールです。

この辺はMetro(地下鉄)が無く、トラム (路面電車)が主流です!このトラムでお隣ドイツのケールまで、30分程でパスポート無しで行けますよ!

2019年の11月から鹿児島市との協定都市になっていたのにもビックリ。何故鹿児島?!という感じですが、路面電車つながりだそうです。

人口は約28万人。フランスの都市ランキングでは8位でした!

Strasbourg、元々はドイツでしたが、約400年前に戦争が始まり、フランス になったり〜ドイツになったり〜を繰り返し…1944年にや〜っとフランスに落ち着いたストラスブール。

かなりドイツ色が強めなフランスです。

今ではヨーロッパの歴史を象徴する都市として、欧州の主要な国際機関があり、EUの首脳会談はこちらストラスブールで行われております!

ライン川という大きな川があり、ストラスブール港はフランス最大の河川港で、交通の便の良さから商工業が盛んなんだそうな。

流石ヨーロッパの中心ですね!!!

そして街のイメージキャラクターはコウノトリ。何故だろう???笑

赤ちゃんを運んできてくれる、幸せを運んできてくれるコウノトリさん。

私の中のコウノトリさんは、小さくてブルーのフワフワした可愛い鳥さんでした。小さい頃に見た絵本ではそんな風に描かれていたような気がしましたが本物を見てビックリ…!!!

本当に赤ちゃん運べそう!!!ぐらい大きかったのです!!!

コウノトリの鳥の巣を初めて見た時は、今まで見た鳥の巣の中で一番大きく、衝撃&感動でした!!!

ストラスブールで一番大きいオランジュリーパークには飼育センターがあるので、是非行かれてくださいね。

鳥に興味が無くても、とっても美しい公園なので是非オススメです。

今回はやんわりストラスブール編。

覚えてほしくてしつこくストラスブールを強調してしまいました…。

位置も覚えてくださいね〜!!!!!

右側の端の方です…!!!

最後までお付き合い頂きありがとうございました。

Merci!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です