カテゴリー
France Life

カルチャーショック

今回は私のカルチャーショックのお話。

それはずばり!!!!物乞いをしている人の多さです。

こちらに住むようになってからはかなり身近なものになりました。

ストラスブールって一応大きな街で、年中観光客の方が沢山!人通りが多い所は物乞いの方も多いです。

そして家が駅の近くということもあり、不思議な人も沢山います。

段ボールに、仕事を失いました。1ユーロお願いします。と書いた看板を作って前に置いて座ってる人

炎天下の中、地面にうつ伏せになり、もうダメって感じでプラスチックのコップ(お金入れるよ用)を持って倒れ込んでる人

広場のマクドナルド付近では、パンク系のそれぞれが大型犬を連れた5、6人のグループでたむろしながら〜音楽かけて〜お酒飲んで〜タバコ吸って〜物乞いしている愉快な仲間達

顔立ち綺麗な女の子

彼女は人気者で見かけるたび色々な方と楽しそうに話してます。それで仕事も見つかりそう。若い人が多くて本当に驚きます。

ある人はお金を入れてもらう用の器に、タバコ代、食費、交通費と書いて何個も置いてる人がいます。

マジ、なんなん…?笑

俺のアルコールのために1ユーロくれと書いたパンクおじさんもいます。笑

もうここまでくると面白いです。

日本ではホームレスは時々見かけますが、ダイレクトにお金をくださいとお願いされた経験がなく、初めてお願いされたときはビックリしました!(何言ってるかわからなかったけど)

それに、すごーく丁寧にお願いしてきます。

すみません、1ユーロ頂けませんか?と。

ちょっと謎だったのは、小さな子供を連れたお父さん?(多分)が、

何か食べ物が欲しいと…

その日は祝日だったので空いているお店も少なく、向こうのパン屋さんが空いているのでパンを買ってあげるから一緒に来る?と言ったら…なんと!!!

買って戻ってきて!ってと言われましたよ。

はぁ〜。なんという図々しさ!笑

凄い!笑

本当に困っていて子供もお腹を空かせているのでいるのであれば、ついてくるべきだと思ったのでその場でさようならでした。

飛び込み営業スタイルでめっちゃ感じの良い営業マン!!の様に人に話しかけ、お金をお願いしてくるんですよ。

そんなポテンシャルがあるのだったらどこでも働けそう…と思うのですが…

ここに書ききれないくらいの言いたい事や思うことが沢山ありますが…ありがたいことに日本というベースが恵まれている国に産まれた私の思う事なんて、どんだけ世間知らずなんだよ…。というお話なのかもしれませんよね。

食べ物や、着るもの、住む所に困った事なんて一度もないのですから…。

う〜ん。難しいなぁ…。

まだまだ続くよカルチャーショック🤯

まだまだ沢山ありますが今日はこの辺で。

本日も最後まで読んでいただきありがとうございます😊

merciiiiiiii

カテゴリー
France Life

日曜日

今日は日曜日。ドイツのバデンバデン(Baden-Baden)まで行き、久しぶりに美味しイタリアン❤️でブランチ。緑に囲まれたテラス席がと〜っても気持ち良かったです。

今日は少しフランスの休日やお店について。

日曜祝日、レストランのお店以外は殆ど閉まっています。

え?!今日祝日だったの?!あ〜お買い物行きたかったのに〜とか。冷蔵庫の中何もないなぁ〜🙃なんて事があります。

日曜日開いているお店は、国に罰金を払って開けて営業しているんだとか…

昔からのキリスト教の教え(日曜日は仕事を休んで教会で祈りを捧げる日)によるものですね。

パン屋さんが7日間営業をして約40万円の罰金刑とか…。

えーと?えーと?笑

私は日本生まれ東京育ち、そして殆ど無宗教。日本にいる間は10年以上サービス業でしたので、土日や祝日のお休みなんて論外。クリスマスや年末はバリバリに働いておりました。(私の中では普通)

そして営業時間も長〜〜〜い〜〜〜!

百貨店勤務も多かったので、9時半入りの20時半終わりなんていうのはよくある話。というか普通?

駅に隣接されている百貨店や店舗なんかは、さらに営業時間もながく、遅くなる場合も多々ありました。

そんな環境(国の文化や習慣が全く違う国)からやってきた私が思うことですが…フランスの考え方…理解に苦しむことが山ほどあります…笑

フランスの国に定められた労働時間は週に35時間。日本は42時間。あれ?日本人は意外とそんなに働いているわけでもないのね〜というのが正直な感想です。

世界の労働時間ランキングで調べてみても、私が見たものは日本は22位と、そんなに働き者!!!感もありませんでした。

こちらのお店、基本的にどんなお店も大体19時には閉まりますね。やる気のあるギャラリーラファィエット(日本の伊勢丹)は20時まで。ブラボー!

小さいお店は18時だったり。笑

営業日や時間を確認していったのに、え?気まぐれのおやすみ?今日閉まってるよ😭な〜んてよくあるお話です。

東京のスーパーは結構深夜1時近くまでのお店多いですよね?!

ストラスブールの頑張って遅くまでやっているスーパーでも21時半まででした。笑

最近はコロナの影響もあるかもしれませんが…。

日本の24時間営業スタイルのコンビニが沢山あるって本当にありがたいですよね。

私が思う日本は、何もかもが揃っていて、欲しいものがすぐ買えて(電話一本でお取り寄せとか)。

不規則がない、間違いもない、全てが正確で安心安全!兎にも角にもウルトラ便利!!!と今はそう思っています。

私の個人的な意見ですが。笑

地方の新鮮食材お取り寄せなんてないですよ!ニースから朝とれたてのお魚直送します!なんて無いですし、まずクール便自体が基本無いです。

そして、どんなお店に行ってもですが。保冷剤おつけしますか?なんてありません。

チーズ屋さんだってお肉屋さんだってそんなことしてくれませんよ。笑

保冷剤自体無いんじゃないかなぁ?

冷さなきゃいけない物をお土産に買って帰りたい方は保冷バックや保冷剤持参してくださいね!

日本は本当に素晴らしいなぁ…と、日本へのラブ度は日々上昇中ですが…

帰ったら帰ったでそろそろフランス戻りたいな〜なんて思ってしまうのでした。笑

フランスってこれで成り立っているのが本当に凄いね!!!!!と思うことが、本当にた〜っくさんあります。これについては皆様に共有したい私の思いが山のようにあるのでまた書きます。笑

こちらに住んで約1年。どういうわけか、日本は便利すぎて最高だけど、そんなに便利じゃ無くても良いのかなぁなんて…思ってしまったり。

今まで不便すぎる!と嘆いていたのに…!!早くも洗脳されてしまったのでしょうか…笑

少々不便なくらいが人間にとっては良いのかな…な〜んて思っております。

あり過ぎず無さすぎず。

ちょっと話がずれてきてしまったので今日はこの辺で。笑

明日からはついに新学期スタートです!!!

本日も私のと〜っても個人的な意見に最後までお付き合いいただきありがとうございました!

Merci!!!

カテゴリー
France グルメ ストラスブール

美味しいバゲットとクロワッサン

フランスで1番早く開くお店、それはパン屋さんです。

初めてフランスに来た時に、お水を買い忘れて焦り、次の日早起きしてお水を買いに行ったのに、日本のコンビニ的なお店が開いていない!!!

ガーン!!!という衝撃を今でも覚えています。

フランスで早朝に食べ物や飲み物に困ったらパン屋さんへ行きましょう!!!!

BIOのパン屋さんもあり、嬉しい限りです。

中でもお気に入りなのが、パンオショコラバナーヌ!!パンオショコラ(四角いチョコクロワッサン)にバナナ入り。

絶妙なバナナ加減。友達がストラスブールに遊びに来てくれたら絶対に食べさせたい物です。しかし…朝イチで行かないと売り切れてしまうのでなかなか買えません。笑

今日は9時半に行って最後の一つをゲットできました!!

美味しかったぁ〜

ここの苺のタルトも絶品❤️

Amande et Cannelle

日本語にするとアーモンドとシナモンというお店の名前です。

ストラスブールで一番好きなパティスリーです!

フランスに初めて旅行で来た時は、パンに全く興味がなく、クロワッサンとか、パンオショコラ(四角いチョコクロワッサン)など一回も食べませんでした。

私は完全に和食派ですし、子供の頃はパンなんか全然好きじゃない〜どちらかというと嫌いな方でしたが、今ではパンが大好きです!

私の大好きなパン、それはズバリ!!!日本の食パンです!

カリモチのセントルザ ベーカリーの食パン!

極上のモチフワの乃がみの食パン!!!3日で1斤食べてしまいます。

コストコのディナーロールも大好きです!!うふふ

あ〜〜〜食べたい…!笑

しかし、こんなフワフワモチモチ系のパンはフランスには残念ながらありません。ベニエ(ドーナツ)くらいですかね…

三浦屋の米粉パンとか…もっちりが大好きなのです!フランスパンとかサクサク系クロワッサンには興味なかったんです。笑

そんな私にも…ついにフランスパンが大好きになるその日がやって参りました…

フランスのパン屋さんでたまたま焼きたてのバゲットをゲットできたのですね〜。

焼きたての香ばしい香りに我慢できず、思わずパクッ。あのパリッパリのあの食感、中はもっちり、ふわぁ〜っと広がるパンの香り…

こんなにバゲットって美味しいんだ…!!!と感激した瞬間でした。

クロワッサンを大好きになったのも、焼きたてを頂いてからですね!

パン屋さんでバゲットを買うとこんな感じ。

一番美味しいところを思わずパクッとしてしまいます。

こちらのお店は紙のサイズ大きめですが、持ち手のところだけ紙で巻かれているだけというのが主流な気がします。

日本のように、全てが覆われる袋なんかに入れてもらえないですし、そんなもの自体がパン屋さんにはない。

保存袋おつけしますか???

なんて、そーんなの絶対に聞かれません。

日本では当然!!それが当たり前だった私は…

え?袋ないの?パンだよパン?おにぎりを裸で、手で持ち帰るのと一緒じゃない?!あり得ない〜!と本気で思っていました。

ちゃんとした袋くださ〜いといくら言ってもそんな袋は無くて、ちょっとプリプリ怒ってしまったのを今でも覚えています。笑

気になる方は袋をあらかじめ用意した方が良いですね。

皆様にお願い…!フランスに来たらですね、1日で良いので是非パン屋さんのために早起きしてみて欲しいです。是非焼きたてのクロワッサンやバゲットを食してほしい…絶対に後悔させません!!!笑

パンに興味がなくても、そんなに好きじゃ無いという方も、これは美味し〜い!!!と思ってもらえるはず…。パンが好きじゃ無い方も大好きになってしまうかも〜!!!

私が10代の時ですかね…目上の方と食べ物の話をした時に、好き嫌いの話になりました。その時私はウニが苦手だったのですが…それはね、本物の美味しいウニ、食べたことがないからだよ…と。

鳥貝や赤貝も嫌いでしたが、本当に美味しいものをいただいてから食べられるようになりました〜!!!

まぁ。今回はパンの話ですが…。

フランスのアルザスでしか食べられない本当に美味しいもの、紹介しますね〜!!!

パンの話に最後までお付き合い頂きありがとうございます!

Merci!!!!

カテゴリー
France ストラスブール

Strasbourg

今日は私の住んでいる町、Strasbourgのお話。

フランスに住んでいると言うと98%の確率でパリ???

と聞かれます。ストラスブール?初めて聞いた!

どこそれ?ドイツじゃないの???などなど。

私も知りませんでした。ストラスブール?何処それ〜?という感じ。

初めて来た時は、確かに可愛い町だけど…シャネルもない!ディオールもない!!クリスチャンルブタンもない!!!本当にフランス?と思っていました…笑

エルメスとルイヴィトンはちゃ〜んとありますよ!

パリからTGV(新幹線)で1時間50分。

フランスのアルザス地方に当たります。シャンパーニュ地方を通り、シャンパンの産地はこの辺かぁ〜と物思いにふけりながら、電車の窓からひたすら続く広大な土地を眺めていると、あっと言う間にストラスブールです。

この辺はMetro(地下鉄)が無く、トラム (路面電車)が主流です!このトラムでお隣ドイツのケールまで、30分程でパスポート無しで行けますよ!

2019年の11月から鹿児島市との協定都市になっていたのにもビックリ。何故鹿児島?!という感じですが、路面電車つながりだそうです。

人口は約28万人。フランスの都市ランキングでは8位でした!

Strasbourg、元々はドイツでしたが、約400年前に戦争が始まり、フランス になったり〜ドイツになったり〜を繰り返し…1944年にや〜っとフランスに落ち着いたストラスブール。

かなりドイツ色が強めなフランスです。

今ではヨーロッパの歴史を象徴する都市として、欧州の主要な国際機関があり、EUの首脳会談はこちらストラスブールで行われております!

ライン川という大きな川があり、ストラスブール港はフランス最大の河川港で、交通の便の良さから商工業が盛んなんだそうな。

流石ヨーロッパの中心ですね!!!

そして街のイメージキャラクターはコウノトリ。何故だろう???笑

赤ちゃんを運んできてくれる、幸せを運んできてくれるコウノトリさん。

私の中のコウノトリさんは、小さくてブルーのフワフワした可愛い鳥さんでした。小さい頃に見た絵本ではそんな風に描かれていたような気がしましたが本物を見てビックリ…!!!

本当に赤ちゃん運べそう!!!ぐらい大きかったのです!!!

コウノトリの鳥の巣を初めて見た時は、今まで見た鳥の巣の中で一番大きく、衝撃&感動でした!!!

ストラスブールで一番大きいオランジュリーパークには飼育センターがあるので、是非行かれてくださいね。

鳥に興味が無くても、とっても美しい公園なので是非オススメです。

今回はやんわりストラスブール編。

覚えてほしくてしつこくストラスブールを強調してしまいました…。

位置も覚えてくださいね〜!!!!!

右側の端の方です…!!!

最後までお付き合い頂きありがとうございました。

Merci!!!

カテゴリー
France

Bienvenue!

フランスのストラスブールに留学して早一年•••。

そして本日は天赦日!!!

ということで、超絶個人的主観毒舌ブログ(こんな日本語無いかも)を始めます!

Bienvenue!!!

パリの情報は沢山あるけれど、それ以外って少ないし、私の住んでいるストラスブールの情報なんでほぼゼロに等しい…。

少しでも多くの方にストラスブールを知っていただけたら嬉しいですし、沢山の方に遊びに来て欲しい〜!!!です。

ストラスブールの情報を求められている方に少しでもお役に立てれば幸いです。

自称健康オタクな私の独学健康情報や美容情報。

食べるために生きている私のグルメ情報。

フランス留学のことやヨーロッパのコロナ事情。

フランスの好きな所や大嫌いな所、etc.

私から見たヨーロッパ(あくまでも個人的な主観ですが…)をお伝えしていけたらなと思います…!

Merci!!!